第六回料理&ワイン会フォトレビュー

今日、9/20に行いました第六回ワイン&料理会の様子をお伝えしたいと思います。

お料理は前菜①秋刀魚アルリモーネ。秋刀魚のレモンマリネです。レモン汁とビネガーでマリネした秋刀魚にレモンピールとオリーブオイル。

前菜②カッポンマーグロ。魚介と野菜をボイルして軽くマリネしたものを積み上げてサルサヴェルデで仕上げたリグーリアのご当地料理。今回はエビ、帆立貝柱、真蛸、スルメイカ、蛤、キジハタ、ブロッコリー、カリフラワー、ヤングコーン、さやいんげん、レンコン、プチトマトを使いました。写真で見ると小さいですが、現物は結構ボリューム感あります。

パスタはジェノベーゼのリングイネ。もう定番ですね。ウチのオーナーの畑で育った元気なバジルをたっぷり使用。

肉料理は子牛タンのストラコッタ。ようは煮込み。皮付きで煮込んで、仕上がってから皮むきします。こうすると肉の旨味がしっかり中に残り、ぱさぱさしないしっとりした食感になります。

デザートは松の実のタルト。リグーリアに伝わる、古典的なデザート。ビスケット生地にカスタードを詰めて松の実を乗せて焼き上げます。きっちり甘く、濃い味わいと松の実の香ばしい香り。イタリアらしいデザートです。

ワインはフランチャコルタ

チックヌスビガート、きりっとした味わい。プイイフィメみたいな香り。

ヴェルメンティーノ、すっきりした酸、青リンゴのような香り。

コッリディルーニロッソ、サンジョベーゼメルローな感じの味わい。バランスがよく飲み疲れなさそう。

ヴァロテッリーナ、よくできたネビオーロの香り。香りはいいが淡白な味わい。酸味強め。ワインは料理を作りながらの味見なので相変わらずレビューが甘いです(^_^;)

次回は10/18、ポルチーニスペシャルです。こうご期待。